VIDES KOREA訪問 


ユースのメンバー4人とシスター2人の計6人で、11月23日から25日まで
VIDES KOREAを訪問してきました。
この期間、VIDES KOREAでは韓国全土から
すべての支部(ソウル、水原、大邱、昌原、釜山、光州、済州)の
「アプローチャー」がソウルに集まり、キャンプを行います。
この「アプローチャー」とは大学生や社会人などの若いメンバーが集まる、
「ユース」と同じようなグループです。
今回はそのキャンプに参加させていただくことができました。
韓国でのスケジュールは以下の通りです。

日付 時間 内容
11月23日
18:30 夕食
20:00 オリエンテーション・レクリエーション
21:00 VIDES JAPAN・VIDES KOREA活動紹介
21:30 レク「私たちを覚えて」(自己紹介、アイスブレイク)
23:00 ボナノッテ・就寝

11月24日
7:00 起床・朝食
9:00 レク「一緒に選択して」(ワークショップ)
11:30 レク「ここで一緒に」(ソウル観光)
18:30 夕食
19:30 分かち合い
23:00 ボナノッテ・就寝
11月25日 7:00 起床・朝食
9:00 ミサ
10:30 空港に向けて出発

今回のキャンプを通してのテーマは
「応答せよVIDES~十二使徒を集め歩まれたイエス様~」であり、
自らがVIDESメンバーとなった理由や、
VIDESとしての活動を続けていられる理由など、
たくさんのメンバーと語り合い、共感し合いました。

キャンプの中心はVIDES KOREAのメンバーが用意してくださった
プログラムによってすすめられました。ただテーマに沿って話し合うだけでなく、
体を動かして一体感を深めたり、
一つのものを作ったりと飽きさせないプログラム作りとなっていました。
1日目のレク「私たちを覚えて」は6つのグループに分かれ、
VIDESに入ったきっかけとVIDESを続けられるモチベーションについて、
それぞれ絵を描き説明しました。

2日目のレク「一緒に選択して」では、
準備された価値リストの中から、
自分が生きていく上で大切にしたい「価値」はどれかを考えました。
また「ここで一緒に」では、6つのグループに分かれ、
ソウル観光を行いました。

各グループに宮・市場・キリスト教に関係する場所の3か所が
チェックポイントとして用意されており、1コースを選んだグループは
徳寿宮・南大門市場・明洞聖堂の3か所を回りました。
夕食後の分かち合いでは3~4人のグループに分かれ、
それぞれ静かにVIDESとして行ってきたこと、
今やっていること、VIDESとしての将来、の3つの観点から話し合いました。
今回のVIDES KOREAへの訪問が
VIDES JAPANとして初めて(世界大会を除く)の
他国のVIDESメンバーとの交流でした。
主に韓国語で進むプログラムだったため苦労したことも多くありますが、
VIDESの今までとこれからを考える、とても有意義な経験ができました。

★以下、2泊3日の交流を振り返っての各メンバーの感想です。

・高塚
韓国のVIDESの方とお会いしてまず驚いたことは、
学生の人数が多く、暖かく迎えてくれたことです。
翻訳アプリを使って一生懸命韓国のメンバーと交流し、
韓国人の友達もできました。
韓国での食事では毎日キムチが出てきて
とても美味しかったことと、グループでのソウルツアーの際に
マッコリやビールを飲むことができたことが楽しく、
印象に残っています。
日本から持って行ったお土産のファイル、
おせんべい、飴も喜んでくれて嬉しかったです。

・丹野
まず、私達をあたたかく受け入れ、
親切に対応して下さった
韓国のVIDESの方達に感謝しています。ありがとうございました。
VIDES KOREAの、男女問わず皆が仲の良いところは羨ましく、
若者中心でVIDESを引っ張っている姿には
とても刺激を受けました。これから先、
日本と韓国のVIDESがもっと深く関わっていけて、
お互いに刺激しあいながら良いグループになっていけたら良いです。

・藤村
3日間がこれほど短く感じられた経験は今までにありませんでした。
多様なバックグラウンドを持った才能ある仲間たちと
アクティビティを通して充実した時間を過ごすことができ、
確実に実りの多い、自らの糧となった経験となりました。
日本と韓国、互いに違いはたくさんありますが、
VIDESのメンバーであるという共通点1つだけで、
こんなにも素敵な時間を共有できることを嬉しく思います。
今後は韓国だけでなく国際的なボランティアグループとして、
様々な国とかかわっていきたいです。

・淺沼
まず、こんなにも暖かく私達を迎えてくださって、
素敵なプログラムを準備して下さった
VIDES KOREA の皆さんに感謝しています。
私が特に感動したことは、VIDES KOREAのみなさんは
人数が多く、住んでいる場所も遠いのに、みんなが仲良く、
家族のようだったことです。
本当に、充実した価値のある滞在となりました。
多くのことをVIDES KOREAの皆さんから吸収して、
私たちの活動に繋げたいです。

・Sr.宮澤
はじめて韓国のVIDESの皆さんとお会いしましたが、
若いメンバーがVIDES会員としての誇りを持ち、
生き生きと喜びをもって活動されていることを
目の当たりにし、とても心が動かされました。
韓国の各地から集まってきたメンバーが、
普段はそれぞれの地域で活動していても、
同じ精神で働くメンバーが集まると話の内容も深く、
共にVIDESとして生きる絆が感じられました。
今回参加した日本の私たちの若者たちにも
私は心動かされています。
彼女たちが心動かされ、燃えており、
これからの日本のユースやジュニアを
盛り上げていきたいと意気込み、
また真剣にどうしたらいいのかと考えている姿に感動しています。
これから一緒に盛り上げていきましょうね、
ユースやジュニアの皆さん!!
韓国のみなさん、心こもった温かなおもてなしも
ありがとうございました。
またこれからも交流を深めていきましょう!
カムサハムニダ!

・Sr.牧山
KoreaとJapanでは,VIDESの“生い立ち”に違いはあっても,
同じ精神を持ち,同じように人生のある時点での
人や活動との出会いからVIDESに入り,
仲間や同伴者達,そして,ボランティア先の子ども達と
共に常に新たなチャレンジをし,
「自分の人生の方向付け,意味づけ」の歩みをしています。
今回の訪問も双方にとってのチャレンジでした。
VIDESは,これからもどんどん“進化”していく
予感がしてきました!韓国の皆さんとの交流は,
つい内向きになってしまいがちな日々の活動に,
意味深さと広がりを与えてくれました。
3日間,サレジアン・シスターズの
青年司牧担当評議員のシスターも若者と共に過ごされ,
修道会がどれだけ青少年を大事にしているか,
その存在をもって示してくださいました。
そして,若者のパワーと交流に
感動の涙を流しておられました。
素晴らしい機会に恵まれたことに感謝!

今回私たちにこのような機会を与えてくださったことに
感謝しています。また、VIDES KOREAの皆さんが
私たちのことを考え、手助けしてくださったおかげで、
本当に楽しく、有意義に過ごすことができました。
VIDES KOREAの皆さん、本当にありがとうございました。
今回の交流で得たこと、考えたことを忘れずに、
これからのVIDESの発展につなげていきたいと思います。

Visiting VIDES KOREA
Six Youth members of VIDES JAPAN visited VIDES KOREA from Nov. 23rd to 25th. All branches gather and have a training camp in Seoul every year. They’re college students and workers and belong to “Approcher” which is similar group to “Youth” of VIDES JAPAN. We could take part in the training camp for the first time.

Our schedule
Date Time Activity
Nov. 23rd
18:30 Dinner
20:00 Orientation, Recreation
21:00 Introduction of VIDES JAPAN and VIDES KOREA
21:30 Recreation “Remember, us”(self-introduce and ice break)
23:00 Buonanotte
Nov. 24th 7:00 Breakfast
9:00 Recreation “Select, together”(workshop)
11:30 Recreation “Here, together”(Seoul city tour)
18:30 Dinner
19:30 Sharing Ideas
23:00 Buonanotte
Nov. 25th 7:00 Breakfast
9:00 Holy mass
10:30 Going to the airport

The theme of the training camp was “Reply, VIDES” and the subtitle was “The Mission of Twelve.” We considered the reasons why we became VIDES members and why we live as VIDES members and shared our ideas with other members.

In the first recreation, “Remember, us” on the first day, we shared the trigger and motivation of being a member of VIDES with drawing in each group. In the second recreation, “Select, together”, we chose the values which we want to cherish the most in living from the value list. After them, we looked around Seoul city in six groups and had three check-points which contains palaces, markets and places related to Christianity. The group which chose the course one went to Deoksugung Palace, Namdaemun Market and Myeongdong Cathedral. After the dinner, we shared what we did, are doing and will do as members of VIDES.

The visiting VIDES KOREA is our first interaction with other countries’ VIDES except world conferences. We had some little difficulties because the whole camp was held in Korean but we could spend wonderful and meaningful time with thinking about VIDES with Korean members.

Our feelings and thoughts through the camp

E.T.
The most surprising thing for me was the number of students in VIDES KOREA. They warmly welcomed us. I mingled with Korean members by using a translation appreciation and I could make some Korean friends. I really enjoyed kimchi in every meal and Korean rice wine. I was glad to Korean members liked our presents.

S.T.
First of all, I would like to say thank you to Korean VIDES members who warmly welcomed us. I was surprised that every member is close and the Approacher members lead VIDES. I hope VIDES JAPAN and KOREA will deepen relationship and stimulate each other to make VIDES better.

Y.F.
Time just flew by in three day. Through the activities, I could have a stimulating time with the talented VIDES members who have various backgrounds. Though we have a lot of differences between Japan and Korea, I was very happy to have a wonderful time with one fact that we are all VIDES members. I hope VIDES JAPAN will deepen relationship with not only Korea but various countries as an international group.

M.A.
First of all, I would like to say thank you to everyone who corporate with this program. I enjoyed this program since all of the members in VIDES KOREA so kindly welcomed us. During the camp, we discussed the reasons why we joined VIDES and how we should act for our future goal. The program was really valuable for me and the other members so, in the future, I would like to connect the other VIDES members from all over the world.

Sr. N.M.
I met VIDES KOREA members for the first time, and I was really moved by young members work together energetically with the pride as a VIDES member, despite they work in different areas usually. The members who have the same spirit talked about VIDES deeply and I could feel the bond living as VIDES members. Also, I was moved with Japanese youth members who participated in the camp because of their strong motivation for VIDES. Let’s work harder for VIDES, everyone! Thank you VIDES KOREA members for your kindness. I hope we’ll continue to keep in touch and could have another mingling. Thank you.

Sr. F.M.
Despite “the birth” of VIDES is different, Korean VIDES members and Japanese VIDES members have the same spirit, the similar trigger of becoming a member of VIDES. And they take a step to choose one’s future course in life by taking new challenges. Also, this camp was a challenge for us because it was a new experience. I feel VIDES will evolve more step by step. This camp made our activity meaningful and opened. The Korean sisters took part in the camp with youth members and showed us how the Korean order deeply loves young people. And some of them were moved to tears with Korean and Japanese youth power and exchange. I appreciate that I could have a great opportunity.

We really appreciate that we had a wonderful time in Korea. And we are so grateful for each VIDES KOREA member who welcomed and helped us warmly. Thank you so much.

VIDES KOREA방문

유스 멤버4명과 수녀님2명 다6명으로 11월23일부터 25일까지 VIDES KOREA를 방문하고 왔습니다. 이 기간 VIDES KOREA에서는 한국 각지에서 모든 지부의「Approcher」가 서울에 모여 캠프를 합니다. 이 「Approcher」는 대학생과 사회인 등 젊은 멤버가 모이는「유스」같은 그룹입니다. 이번에는 그 캠프에 참가했습니다.
*한국에서의 일정입니다 ↓

날짜 시간 활동
11월23일
18:30 저녁식사
20:00 오리엔테이션・레크리에이션
21:00 VIDES JAPAN・VIDES KOREA활동소개
21:30 레크「기억해,우리」
23:00 밤인사・취침

11월24일
7:00 기상・아침식사
9:00 레크「선택해,함께」
11:30 레크「여기서,같이」
18:30 저녁식사
19:30 의논
23:00 밤인사・취침

11월25일
7:00 기상・아침식사
9:00 미사
10:30 공항 출발

이번 캠프의 주제는「응답하라 VIDES ~열두 사도를 모으신 예수님~」입니다.자신이 VIDES 멤버가 된 이유나 VIDES로서의 활동을 계속하고있는 이유 등을 많은 회원들과 이야기를 나눴습니다.
캠프의 중심은 VIDES KOREA 회원이 준비 해주신 프로그램에 의해 진행되고있었습니다. 그냥 테마에 대해 논의하는만 아니라 몸을 움직여 일체감을 깊게하거나 하나의 것을 만들거나, 질리지 않는 프로그램 이었습니다.

1일째의 레크「기억해,우리 」는 6개의 그룹으로 나누어, VIDES에 들어간 이유와 VIDES를 지금도 하고있는 이유에 대해 그림을 그려, 설명했습니다.
2일째의 레크「선택,함께」에서는 준비해준 가치 리스트 안에서 자신이 살아가는 데에 소중하게 하고싶은「가치」는 어떤 것인가를 생각했습니다.
「여기서,같이」에서는 6개의 그룹에 나누어 서울 관광을 했습니다. 각 그룹에 궁·시장·기독교에 관련하는 장소의 3곳이 체크 포인트로 준비되어 있어서, 1코스를 선택한 그룹은 덕수궁 · 남대문 시장 · 명동 성당의 3군데를 돌았습니다.
저녁 식사 후의 의논에서는 3~4 명의 그룹으로 나누어 조용히 VIDES로서 하고 왔던것, 지금하고있는 것, VIDES의 미래 등, 3개 관점에서 논의했습니다.

이번 VIDES JAPAN는 다른 나라의 VIDES멤버와 처음으로 교류를 했습니다. (세계 대회 이외) 주로 한국어에서 진행한 프로그램이때문에 고생한 것도 많이 있지만, 매우 의미가있는 경험을 할 수있었습니다.

*각 멤버의 감상입니다 ↓

E.T.
한국 VIDES 여러분을 만나서 먼저 놀랐던 것은 학생이 많고, 따뜻하게 맞이해 준 것입니다. 사전을 사용해서 열심히 한국 멤버와 교류하고 한국인 친구도 생겼습니다. 한국에서의 식사는 매일 김치가 나오고 너무 맛있었던것,그리고 그룹의 서울 투어를 했을 때 ,막걸리 나 맥주를 마실 수있었던게 즐거워서 인상에 남아 있습니다. 일본에서 가져온 선물의 파일, 센베이, 사탕도 기뻐 해주시고 기뻤습니다.

S.T.
우선, 저희를 따뜻하게 받아 들여, 친절하게 대응 해주신 한국VIDES분들께 너무 너무 감사드립니다.VIDES KOREA의 남성도 여성도 모두가 사이가 좋은 것은 정말 부럽고, 젊은이 중심으로 VIDES을 모아서 이끌고 있는 모습에는 너무 자극을 받았습니다. 앞으로 일본과 한국VIDES가 더 깊은 관계를 가지고 서로가 자극 해 가면서 더 좋은 그룹이 될 수 있으면 좋겠습니다.

Y.F.
확실히 결실이많고 자신의 양식이 되었던 경험이 되었습니다. 일본과 한국, 서로 차이점이 많이 있지만, VIDES의 멤버라는 공통점 하나만으로 이렇게 멋진 시간을 공유할 수 있는 것을 기쁘게 생각합니다. 앞으로는 한국만이 아니라 국제자원봉사 그룹으로서 다양한 나라와 관계를 가지고 가고 싶습니다.

M.A.
먼저 이렇게 따뜻하게 저희를 맞아 주시고 멋진 프로그램을 준비 해주신 VIDES KOREA 여러분 감사합니다. VIDES KOREA 여러분은 인원이 많고, 살고있는 곳도 멀지만 , 모두가 사이가 좋아서 가족 같은 분위기가 있었던게 저는 특히 감동했습니다. 정말 충실한 가치가있는 체재가 되었습니다. 많은 것을 VIDES KOREA여러분에게서 흡수해서 우리 활동에 연결하고싶습니다.

Sr. N.M.
처음 한국 VIDES 여러분과 만나고했지만 젊은 멤버가 VIDES 회원으로서의 자부심을 가지고 생생하게 기쁨을 가지고 활동하고있는 모습을 보고 너무 마음이 움직되었습니다. 한국의 각지에서 모였던 멤버가 평소에는 각지역에서 활동하고있어도, 동일한 정신에서 일하는 멤버가 모이면 이야기의 내용도 깊이, 함께 VIDES로서 사는 유대가 느껴졌습니다. 이번에 참가한 일본 우리 젊은이들에게도 내 마음이 움직였습니다. 그녀들 마음이 달리고 불타고 있으며, 앞으로 일본의 유스와 주니어를 북돋워 가고싶다라고 자세하고, 진지하게 어떻게하면 좋을지를 생각하고있는 모습에 감동하고 있습니다. 앞으로 함께 북돋워 가자! 유스와 주니어 여러분! ! 한국 여러분, 마음이 담긴 따뜻한 환대에도 감사합니다. 또 앞으로도 교류를합시다! 감사합니다!

Sr. F.M.
한국과 일본에서는 VIDES의 “성장”에 차이는 있어도 같은 정신을 가지고、만남 덕분에 VIDES에들어 동료나 자원 봉사를 하는 곳에 있는 아이들과 함께 항상 새로운 도전을하고있습니다. 이번 방문도 서로에게 도전이었습니다. VIDES는 앞으로도 점점 “진화”하는 예감이 하고왔습니다!한국의 여러분과의 교류는 저희 시야를 아주 넓게 해줬습니다.
3일간 사레지안 시스터즈 청소년 사목 담당 평의원 수녀님도 젊은이와 함께 지내고、수도회가 얼마나 청소년을 소중히하고 있는지、 그 존재를 가지고 보여 주셨습니다. 그리고 젊은이의 파워와 교류에 감동의 눈물을 흘리고 계십니다.좋은 기회를 주셨던것에 감사!

이번 저희에게 이런 기회를 주셨던 것에 감사하고 있습니다. 또한 VIDES KOREA의 여러분이 저희를 생각해해주시고, 도와 주신 덕분에 정말 즐겁고 의미가 있는 시간을 보낼 수 있었습니다. VIDES KOREA 여러분, 정말 감사합니다.이번 교류에서 얻었던 것, 그리고 생각했던 것을 잊지 않고 앞으로의 VIDES의 발전에 연결해 가고싶습니다.

VIDES クリスマス会のお知らせ

2018年、VIDESクリスマス会の開催!
今年も、一年の感謝を込めて、
VIDES JAPAN主催のクリスマス会を開催します。

日時:12月16日(日)

・第一部:13:00~15:00
ジュニア会による企画プログラム
(バイオリン演奏・ビンゴ大会など)

・第二部:15:00~16:00 
茶話会

場所:星美学園修道院サローネ

高校生中心のVIDESジュニア会中心に、
皆さんにクリスマスの素敵なひと時をご提供します。
ご友人をお誘いの上、是非お越しください!
皆様のお越しをお待ちしております。

2018年 秋のスマイルフェスタ

10/28(日)に赤羽駅西口にある商業施設BIVIOの七福神広場にて、スマイルフェスタが開催されました!
今年で3年目となったフェスタは、
赤羽の地域活性化のために様々な団体が集まり、
にぎやかな催しとなりました。
今年は無事、晴天に恵まれ、小さいお子様から、
お年寄りまで、幅広い年齢層の方々に
楽しんでもらえました。

VIDESからはサックス演奏、ダンス、
ヴァイオリン演奏
のステージをご用意しました。
アンサンブルサクゴレンさんによるサックス演奏。
ハロウィンの仮装で子どもたちの好きなアンパンマンや
おかあさんといっしょなどの曲を演奏して頂きました。
子どもたちも大喜びです!

星美学園の高校1年生2人によるK-POPダンスと
タップダンス。観客はくぎ付けでした。

大浦友さんによるダンスステージ。即興で踊ったり、
子どもたちをステージ上に呼んで、
簡単なダンスを一緒に踊ったりしました。
子どもたちは真剣に真似をしながら
ニコニコ楽しんでいました。

武内良太朗さんによるヴァイオリン演奏。
演奏曲を当てるクイズ形式のステージで盛り上がりました。
最後にはアンコールも!

他には北区を拠点に活動するいろむすびcafeさんによる
ハイハイレースや、ユニクロさんによる子どもたちによる
初めてのコーディネート体験ステージ、
仮装コンテストが行われました。

最後にはきちんとVIDESの宣伝もしてきましたよ!
ユースは絶賛メンバー募集中です!

今年のフェスタも盛況のうちに無事に終わりました。
お手伝いしていただいた方々、
本当にありがとうございました!
活動の場を広げられるよう、
ユースはこれからも頑張っていきます!

VIDES夏の若者錬成会について

VIDESユース会では、毎年若者がお互いの生活を共有したり、祈りの時間を共にしたりすることで、日々の生活へのヒントを得ることを狙いとした錬成会を行っています。場所は富士山の麓の山中サレジオ山荘です!自然の中で、自分を解放しながら、祈りで神様に向き合い、仲間との出会いを通じて、実りのある時間を持ちませんか。ご参加お待ちしております。

・VIDESユース会とは

VIDESユース会とは、VIDESの中にある活動を20代から30代の青年たちが支え、リードしていくために作られたグループです。VIDES内部だけではなく、家庭における子供たちの姿などの社会問題や、地域との合同イベントを企画するなど、若い意見で独創的に活動を繰り広げていくグループです。

・夏の錬成会

こうした若い青年たちに対して、サレジアンシスターズのご指導のもとに、教会として霊的にも、社会的にも主体的に世の中で働いていくための成長を促すために企画したのが、この練成会です。3年前にスタートし、今年で一度の完結となります。テーマは、「生きる意味を見出す」、「隣人との連帯の中で」に続き、「自分の使命を悟る」となります。

・詳細について

日程:2018年8月24日(金)~26日(日)
場所:山中サレジオ山荘
参加人数:15人~20人
年齢:18歳(大学生)~35歳 (VIDESジュニアメンバー可)
参加費用:¥5,000
交通手段:新宿バスタ乗車から山中湖村役場前下車~山荘(連絡送迎可能)

プログラム:(途中参加などがご希望の方は、個別にご相談ください)

8月26日(金)
*18:00山荘集合 受付  *19:00夕食
*21:00夕の祈り     *23:00入浴・就寝
8月27日(土) 
*6:30起床     *7:00活動(1)
*8:00朝食     *9:00活動(2)
*11:30ミサ    *12:30昼食
*14:00活動(3) *17:00お茶会(温泉有志のみ)
*19:00夕食    *21:00夕の祈り・語り合いの時間
*23:00入浴・就寝
8月28日(日)
*6:30起床    *7:00ミサ
*8:00朝食・清掃    *9:30活動(4)
*12:00昼食   *14:00解散

※上記、プログラムに関しては、変更の可能性もございますので、ご了承ください。

★詳細お問い合わせ:sr.inagawa@gmail.com

(代表:Sr. 稲川 孝子)

申し込みについて

住所、年齢、住所、携帯番号(連絡が取れる番号)、メールアドレス、利用交通機関についてを記入の上、altarboys.mako0929@gmail.comまでご連絡ください。提出期限は、2018年8月10日となります。

氏名:                     

 年齢:

住所:〒

携帯電話:       

メールアドレス:     

高校名・大学名:        

当日、お帰りの際の利用交通機関:     

 ↑上記をコピー→ペーストして頂ければご使用になれます。

★交通機関については、お車でない方は、

高速バスのお申込みがお勧めです。

以上、実り豊かなものになるよう、

皆様のご参加をお待ちしております。

CIAO(東アジア管区協議会)とVIDESの将来のビジョン

VIDESは、サレジアンシスターズ(扶助者聖母会)
によって成り立っている国際機関ですが、その扶助者聖母会は、
世界中のそのグループを持っており、それぞれが独自の文脈で、
それらの問題点を分かち合い、世代を超えた多くの人々と協力しながら、
国際的に活動をしています。その中で、他のグループが、
一つのグループとの分かち合いの中で刺激し合い、お互いを高め合い、
より国際機関として成長していくという姿が常に見られます。

CIAOとは

その一つが、2018年2月8日~14日に、アジアの9か国とともに、
タイのサンプランで開かれたCIAOです。
CIAOとは、イタリア語でConferenza Interispettoriale Asia Oriental、
つまり「アジア各国中心」の「相互認識」を目指した国際会議で、
ここで話し合われた内容が世界会議での議題となり、
総長様が修道会の次のステップをを決めていきます。

青年、信徒たちの参加
こうした国際的な視野を持ったCIAOは、今年からさらに視野を広げ、
一般信徒として働く人々、青年たちにも参加の枠を広げました。
このことにより、シスターたちの修道会の方針が、
一般信徒、若者との協働の中で決められていくことになったのです。

VIDES JAPANからも青年を輩出!
こうした姿の中で、VIDES JAPANからも一名の青年を出し、
自分の現在の仕事がVIDESという扶助者聖母会による国際機関、
そしてそれを通じた社会に開かれた活動から生まれた出会い、
働きによってもたらされたということを共有し、
アジアの隣国を中心に多くの若者がお互いにメンバーを共有し、
それぞれの国の働きを共に行うこと、オンラインでの交流を増やし、
情報発信を多様化すること、それを通してシスターたちとの協働、
青年たちの活躍の場を増やすことを提案しました。

より社会へ開かれた姿へ!
CIAOでは、アジアの共同体が集まり、その現状の報告、
その分かち合いを通して、お互いの成長が促されるとともに、
次の修道会としてのステップが決められました。
その中で、アジアの青年が大きな可能性を持っていることにも
気付かされました。まずは隣国同士がお互いの情報を共有し、
青年たちの活躍の可能性をシスターと共有すること、
一般信徒の方々の力を借りながら、協働者とともに
新しい教会の姿を切り開いていくこと、
その鍵を握っているのが、アジアの多様性、そして
そこからほとばしる原動力だと思います。

VIDESからも、一人代表が出席しました。その様子を含め、以下に簡単な動画がありますので、ご覧ください!

CIAO 2018 JAPAN